犬の管理栄養士が本気で厳選した、柴犬向け高コスパドッグフードランキングBEST3はここをクリック▶

モグワンとアカナどっちがいい?犬の管理栄養士が口コミ、価格、安全性から比較してみた!

  • 【柴犬の飼い主300人に調査】安いドッグフードで妥協すると…?

飼い主300人のリアルな声からわかったこと…それは、安いドッグフードをあげ続けると
愛する柴犬が涙やけ皮膚炎など、痛みやかゆみのある病気になる確率が圧倒的に高くなったという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のドッグフードの中には、病気で死んだ動物の肉が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛犬に、もしそうとは知らず自分がそんな病気の元を食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のドッグフードは何か、47種の柴犬向けドッグフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けおすすめのドッグフードランキングBest3!を見る

  • 「うちの子、今のドッグフードで栄養が足りているか心配…」
  • 「モグワンとアカナの違いは?」
  • 「モグワンとアカナは安全なドッグフードなの?」

大切な家族であるワンちゃんには、いつまでも元気でいてほしいですよね。

実は、ドッグフードをなんとなくで選んでいると、ワンちゃんの健康に悪影響を与える恐れがあります。

なぜなら、ワンちゃんの体質に合わないドッグフードを食べさせていると、アレルギー反応を起こしたり、体調を崩してしまい、結果的に体の免疫力が低下して、最悪の場合は死んでしまう可能性があるためです。

愛犬が元気でいるためには、安心・安全で栄養満点のドッグフードを食べさせてあげましょう

今回は、犬の管理栄養士マスター & ペットフードアドバイザーの資格を持つ私が、モグワンとアカナを4つの項目で徹底比較しました。

 

この記事を読んでわかること
  • ワンちゃんにおすすめの栄養満点のドッグフードがわかる
  • モグワンとアカナのそれぞれの原材料と栄養素がわかる
  • モグワンとアカナの安全性がわかる→どちらも無添加・グレインフリー

 

この記事を読めば、あなたがワンちゃんのドッグフード選びで悩むことがなくなり、元気いっぱいのワンちゃんとの生活がよりアクティブで楽しいものになります。

 

まーこ
その子に合ったドッグフードを食べることは、健康な体づくりには重要なことだよ!
しょうた(旦那)
モグワンとアカナのどちらが合っているか見てみよう!

 

結論

▼モグワンとアカナは安心安全の無添加&グレインフリーのドッグフード

  • アカナはたんぱく質が豊富なため
    • 運動量が多いワンちゃん
    • 体力をつけたいワンちゃんにおすすめ
  • モグワンは高タンパク低脂質のため
    • ダイエットをしたいワンちゃん
    • 運動量の少ない小型犬や室内犬におすすめ

 

▼モグワンは高品質な上にコスパが良い

  • アカナパシフィカ100gあたり261円
  • モグワン100gあたり193円

 

まーこ
モグワンとアカナを詳しくしりたいあなたはここからチェック

 

▼モグワンのレビュー記事はこちら

>>モグワンドッグフードの口コミを柴犬の飼い主50人に調査!真の実力を犬の管理栄養士が徹底解説!を見る

▼アカナのレビュー記事はこちら

>>アカナドッグフードって柴犬の涙やけに効くの? 口コミ評判から犬の管理栄養士が徹底評価!を見る

 

比較の結果 モグワンの方がおすすめ

当サイトが柴犬向けのドッグフードに必要と考え設定した、4つの項目計26の基準で、モグワンとアカナの実力値を評価した結果、モグワンの方が評価が高い結果となりました。

 

▼比較の結果

  モグワン アカナ
①栄養バランス
②安全性
③人気と実績
④コスパ

※アカナパシフィカとの比較

 

まーこ
詳しい比較結果を見てみよう!

 

①栄養バランスの比較結果:モグワンとアカナのどちらも高評価

栄養バランスを比較した結果、モグワンもアカナもたんぱく質の割合が基準を満たしていることからどちらも高評価となりました。

 

▼たんぱく質のチェック結果

  目標 モグワン アカナ
タンパク源 動物性
たんぱく質中心

チキン&サーモン56.5%
(放し飼いチキン生肉21%、生サーモン12%、
乾燥チキン12%、乾燥サーモン7.5%、
キングレイビー2%、サーモンオイル2%)

新鮮丸ごと太平洋ニシン(14%)、
新鮮丸ごと太平洋イワシ(12%)、
新鮮丸ごとアブラカレイ(8%)、
丸ごとニシンミール(8%)、
太平洋タラミール(7%)、
丸ごとシロガネダラミール(7%)
動物性たんぱく質
の割合(%)
56% 70%
粗たんぱく質
の割合(%)
26%~30%
27%以上

35%以上

※アカナパシフィカに含まれるタンパク源を比較

 

▼総合的な栄養バランスのチェック結果

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  役割 目安 モグワン アカナ
粗たんぱく質 筋肉、臓器を構成する栄養素。
高い運動量を維持する筋肉が
必要な柴犬には特に大切な栄養素
26%~30%
27%以上

35%以上
脂質 ビタミンの吸収や貯蔵、
神経を正常に働かせる
10%以上
10%以上

17%以上
粗繊維 消化を助ける、便通の改善、
免疫力アップの効果
4%以下
4.75%以下

6.0%以下
水分 生命の維持に最も重要な栄養素
香りや、保存のしやすさが変える
10%以下
9%以下

12%
オメガ6脂肪酸
(リノール酸)
健康な皮膚、被毛を作り上げる
成長を促進させる
1.80% 2%
オメガ3脂肪酸
(αリノレン酸)
脳細胞を活性化させる、
血中中性脂肪を下げる、
アレルギー症状を予防する
1.00% 2%
粗灰分 歯や骨、骨格を構成する成分 5~10%
9.0%以下
リン 骨や歯の主要成分、
phの調整機能
子犬:0.8~
1.6%
成犬:0.5~
1.6%

1.00%
マグネシウム 筋肉の維持
神経興奮の抑制
0.04~0.3%
0.17%

0.07%
カルシウム リンと同様に骨や歯の主要成分、
各臓器や筋肉の伸縮性を維持させる、
神経伝達のスムーズ化を図る
0.5%以上
1.40%

1.5%
代謝エネルギー 元気に発育させる、
運動機能及び、
繁殖能力の向上
300kcal/100g
361.5kcal/100g

385kcal/100g

※アカナパシフィカに含まれる栄養素を比較

 

しょうた(旦那)
モグワンもアカナもたんぱく質がたっぷり含まれているんだね!
まーこ
たんぱく質はワンちゃんの筋肉や内臓の働きを良くするために重要な栄養素なんだよ!
しょうた(旦那)
たんぱく質が不足するとどうなるの?
まーこ
たんぱく質が不足すると、ワンちゃんの免疫力が低下して、病気にかかやすくなる恐れがあるよ。

 

モグワンとアカナ両フード共に栄養バランスについて、良好な結果となりわんちゃんは健康に育ちそうですね。やや、アカナは水分量が多いですが、気にするほどではないでしょう。

 

あわせて読みたい関連記事①

▼ワンちゃんの体づくりに欠かせないたんぱく質がたっぷり含まれたドッグフードのレビュー記事はこちら

この記事を読むと、

  • モグワンに含まれるたんぱく質は良質なものであること
  • モグワンに含まれるたんぱく質にはチキンとサーモンを使用しており、ワンちゃんの食いつきが良いこと
  • モグワンはグレインフリーであるため、ワンちゃんの便秘や消化不良を改善すること

がわかり、あなたがワンちゃんのたんぱく質不足に悩むことがなくなり、さらにパワーアップしたワンちゃんとアクティブで楽しい毎日が送れます

>>モグワンドッグフードの口コミを柴犬の飼い主50人に調査!真の実力を犬の管理栄養士が徹底解説!を見る

 

あわせて読みたい関連記事②

▼良質な動物性たんぱく質の割合が70%以上のドッグフードのレビュー記事はこちら

この記事を読むと、

  • アカナに含まれるたんぱく質が良質なものであること
  • アカナはアレルゲンになりにくい魚を主なたんぱく源としていること
  • 魚に含まれるオメガ3脂肪酸の効果で、毛並みがきれいになること

がわかり、あなたが愛犬のたんぱく質不足で悩むことがなくなり、ますます艶やかで元気になったワンちゃんとハツラツとした毎日を送れます

>>アカナドッグフードって柴犬の涙やけに効くの? 口コミ評判から犬の管理栄養士が徹底評価!を見る

 

②安全性の比較結果:どちらも安全性が高い

安全性を比較した結果、モグワンもアカナも原材料に避けたいものが一切含まれておらず安全性が高いことがわかりました。わんちゃんに食べさせても安心できそうです。

 

▼モグワンの原材料の種類と含有量のチェック結果

原材料一覧

チキン&サーモン56.5%(放し飼いチキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7.5%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌

▼アカナ パシフィカの原材料の種類と含有量のチェック結果

原材料一覧

新鮮丸ごと太平洋ニシン(14%), 新鮮丸ごと太平洋イワシ(12%), 新鮮丸ごとアブラカレイ(8%), 丸ごとニシンミール(8%), 太平洋タラミール(7%), 丸ごとシロガネダラミール(7%), 丸ごとグリンピース, 丸ごと赤レンズ豆, 丸ごとヒヨコ豆, 丸ごと緑レンズ豆, タラ油(6%), 新鮮丸ごとシルバーヘイク(4%), 新鮮丸ごとレッドストライプメバル(4%), 丸ごとピント豆, 丸ごとイエローピース, 日干しアルファルファ, コールドプレスヒマワリ油, レンズ豆繊維, 乾燥ブラウンケルプ, 新鮮カボチャ, 新鮮バターナッツスクワッシュ, 新鮮パースニップ, 新鮮グリーンケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮カブラ菜, 新鮮ニンジン, 新鮮レッドデリシャスリンゴ, 新鮮バートレット梨, フリーズドライタラレバー(0.1%), 新鮮クランベリー, 新鮮ブルーベリー, チコリー根, ターメリックルート, オオアザミ, ゴボウ, ラベンダー, マシュマロルート, ローズヒップ , フェシウム菌(ビタミンEとローズマリーで天然保存)

 

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  使用目的 予測されるリスク モグワン アカナ
ブチルヒドロ
キシアニソール

(BHA)
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし

該当なし
ジブチルヒドロ
キシトルエン

(BHT)
酸化防止剤
変異原性の発症
(DNAや染色体に損傷を与え、
突然変異を 起こすことが原因)

該当なし

該当なし
エトキシキン
酸化防止剤
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし

該当なし
没食子酸
プロピル
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 犬の成長を阻害する
  • アレルギー性皮膚炎発症

該当なし

該当なし
亜硝酸
ナトリウム
  • 発色剤
  • ボツリヌス菌
    増殖抑制
  • 風味の改善

大量に摂取すると

  • メトヘモグロビン血症になる
  • 最悪の場合死に至る

該当なし

該当なし
タール色素
(青色〇号、
赤色〇号など)
着色料 発がん性リスクの増加
(現在は食品添加物から除外)

該当なし

該当なし
プロピレン
グリコール(PG)
保湿剤や
乳化剤

大量に摂取すると

  • 赤血球を破壊
  • 体内の水分を奪う
  • 内臓機能の低下

該当なし

該当なし
ソルビン酸
カリウム
 防腐剤 発がん性リスクの増加
該当なし

該当なし
グリシリジリ・
アンモニエート
甘味料 
  • 人向けの食品では使用禁止
  • 柴犬も摂取を避けるべき添加物
    (何が起こるかわからない)

該当なし

該当なし

▼避けるべき原材料チェックの結果

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  使用目的 予測されるリスク モグワン アカナ
○○粉、
○○肉副産物、
▽▽ミール、
□□粉、
◇◇パウダー
動物性油脂
(4D該当材料)
安価にする
  • どのような肉が加工されている
     かわからない
  • 何が起こるかわからないため
     避けるべき
    懸念される症状)
    アレルギー、免疫力の定価、内臓病発症、
    体臭や口臭の悪化、涙やけ

該当なし

該当なし
ビートパルプ
  • かさ増し
  • 甘味の向上

摂取しすぎると

  • うんちが固くなり便秘に
  • 糖分を多量に摂取するため肥満に

該当なし

該当なし
穀物(グレイン)
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し
アレルギー症状を引き起こす
該当なし

該当なし
とうもろこし
コーングルテン
コーングルテン
フィード
コーングルテン
ミール
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し

トウモロコシ自体はミネラルが豊富で、
糖分も高く栄養価は高いものの

  • 芯がミックスされているもの
    ⇒腸閉塞(ちょうへいそく)発症のリスク
  • 食物繊維が豊富
    ⇒過剰摂取で下痢を引き起こすリスク

そのため、極力避けたい原材料


該当なし

該当なし
大豆

たんぱく質
摂取

がん予防効果のイソフラボンも
含まれるが、過剰に摂取して
しまうと、

  • ⇒下痢の発症、腎臓、副腎の機能低下
  • 腎臓病、心臓病、貧血の治療中の犬は注意

そのため、極力避けたい原材料


該当なし

該当なし

 

まーこ
モグワンもアカナもワンちゃんに食べさせたくない添加物は一切使われていないし、グレインフリーでもあるから安心だよ!
しょうた(旦那)
安心してワンちゃんにあげられるね!
まーこ
両フードともに安全に配慮されている配合だよ!

 

あわせて読みたい関連記事

▼無添加&グレインフリーの安心安全なドッグフードのレビュー記事はこちら

モグワンとアカナは原材料をすべて開示しており、安心して食べさせられるドッグフードです。

>>モグワンドッグフードの口コミを柴犬の飼い主50人に調査!真の実力を犬の管理栄養士が徹底解説!を見る

>>アカナドッグフードって柴犬の涙やけに効くの? 口コミ評判から犬の管理栄養士が徹底評価!を見る

 

③人気と実績の比較結果:モグワンとアカナのどちらも高評価

人気と実績を比較した結果、モグワンもアカナのどちらも飼い主さんに選ばれているドッグフードであることがわかりました

モグワンとアカナともに認知度は抜群です。

 

▼大手通販サイトの評価とInstagramの投稿数

  基準 モグワン アカナ
instagramの投稿数
(#ドッグフード名)
1,000件以上
6,247件

 6,384件 
Amazon評価 3.5以上
3.80

4.2
楽天市場評価 3.5以上
4.0

4.6
yahooショッピング評価 3.5以上
4.35

4.2

 

まーこ
どちらも基準を満たしていて高評価だね!
しょうた(旦那)
投稿数が多いから知名度も高いし、それだけ選ばれているってことだね!

 

 

④コスパ(100g当たりの価格):モグワンの方が安い

コスト面を比較した結果、100gあたりの値段が安い点で、モグワンの方が高評価となりました。アカナはややコスパが悪いですね。

 

▼100g当たりの価格の比較結果

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  モグワン アカナ
100g当たりの価格

193円
 
261円

※モグワンは公式サイト、アカナはECサイトのアカナパシフィカの最安値より

 

しょうた(旦那)
モグワンの方が圧倒的にコスパがいいね!
まーこ
これだけ高品質なのにコスパが良いなんて、ドッグフードはモグワン一択だね!
しょうた(旦那)
値段が安いのは飼い主さんにとっても嬉しいポイントだよね。
まーこ
お財布にも優しいし、ワンちゃんは健康になるから、浮いたお金でどこか旅行にでも行ったらさらに素敵な思い出が増えるね!

 

あわせて読みたい関連記事

▼コスパの良いドッグフードのレビュー記事はこちら

この記事を読むと、

  • モグワンが高品質であるのにコスパが良いこと
  • モグワンが飼い主さん達に実際に選ばれていること
  • モグワンは獣医師さんにも推奨されていること

がわかり、ドッグフードにかかるコスト面での悩みが解消され、浮いたお金を愛犬との思い出作りに使えて、あなたとワンちゃんの幸福度が急上昇します。

>>モグワンドッグフードの口コミを柴犬の飼い主50人に調査!真の実力を犬の管理栄養士が徹底解説!を見る

 

今回比較したドッグフードの簡単な紹介

 

今回比較したモグワンアカナについて簡単に紹介します。

 

アカナ パシフィカ ドッグフードの概要

acana

▼アカナ パシフィカの基本情報

  基本情報
販売会社 チャンピオンペットフード社
原産国 カナダ
商品のタイプ ドライフード
内容量 340g/2.0kg/6.0kg/11.4kg
価格(税込み) 【340g】
1,629円
【2.0kg】
5,236円
【6.0kg】
12,213円
【11.4kg】
21,120円
送料 ECサイトの店舗による
適応年齢 全年齢対応
人工添加物の有無 無添加
穀物使用の有無 グレインフリー

※価格は楽天最安値から試算

 

カナダで4半世紀にわたってペットフードを作り続け、数々の受賞歴を持つチャンピオンペットフード社が製造しているアカナドッグフード

アカナパシフィカの大きな特徴は、たんぱく質に魚肉を70%使用しており、無添加かつグレインフリーでワンちゃんがアレルギーを起こしにくい点です。加えて合成保存料・防腐剤・着色料、香料不使用であることも安心できるポイントですね。

アカナパシフィカはたんぱく質が豊富なため、運動量が多いワンちゃんや体力をつけたいワンちゃんにおすすめです。

 

まーこ
アカナは公式サイトもあるけど、オンラインで購入できなくてECサイトから買う人が多いみたいだよ。
しょうた(旦那)
公式サイトってどんな感じなの?
まーこ
アカナはパシフィカの他にも種類があって、それぞれの商品のことが詳しく書いてあるよ。
しょうた(旦那)
へえ〜。見てみたいな。

 

 

▼アカナ パシフィカをECサイトで購入する

 

モグワン ドッグフードの概要

▼モグワンの基本情報

  基本情報
販売会社 株式会社レティシアン
原産国 イギリス
商品のタイプ ドライフード
内容量 1.8kg
価格(税込み) 【通常】4,356円
【定期】3,484円
     ~3,920円(定期購入で最大20%OFF)
送料  【通常】704円
 10,000円以上同時購入(3袋)で
 送料・代引き手数料が無料
適応年齢 全年齢対応
人工添加物の有無 無添加
穀物使用の有無 グレインフリー

 

当サイトのランキングで1位を獲得し、無添加かつグレインフリーでワンちゃんの健康に最大限配慮した超おすすめのドッグフードモグワン。

不動の1位の理由は、その支持率の高さにあります。モグワンは獣医師の84%がおすすめしており、さらに、85万人もの愛犬家の方々に選ばれていることから、栄養面、味、安全性、コスパのすべてが満点の商品です。

モグワンは高タンパク、低脂質のドッグフードなので、ダイエット中のワンちゃんにおすすめです。

 

まーこ
モグワンを食べていればワンちゃんが健康で過ごせること間違いなし!
しょうた(旦那)
こんなに非の打ち所がないドッグフードって他にある⁉︎
まーこ
私が知る限りは他にはないよ!
モグワンを食べれば、ワンちゃんがますます健康になって、飼い主さんともっといろんなところに出かけられるよ!
しょうた(旦那)
素敵な思い出がどんどん増えていくね!

 

\公式サイトからの購入で最大20%OFF!/

 

まとめ

モグワンとアカナの比較まとめ

▼4つの項目と26つの基準からモグワンがおすすめ

  モグワン アカナ
①栄養バランス
②安全性
③人気と実績
④コスパ

※アカナパシフィカとの比較

 

▼モグワンとアカナはたんぱく質が豊富である(詳しい栄養素をもう一度見たい方はこちら)

  • モグワンはたんぱく質の割合が27%以上
  • アカナはたんぱく質の割合が35%以上

 

▼モグワンとアカナは無添加・グレインフリーで安心(詳しい原材料をもう一度見たい方はこちら)

 

▼モグワンアカナは人気・実績共に高評価

  基準 モグワン アカナ
instagramの投稿数
(#ドッグフード名)
1,000件以上
6,247件

 6,384件 
Amazon評価 3.5以上
3.80

4.2
楽天市場評価 3.5以上
4.0

4.6
yahooショッピング評価 3.5以上
4.35

4.2

※アカナパシフィカとの比較

 

▼モグワンはコスパが良い

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  モグワン アカナ
100g当たりの価格

193円
 
261円

※モグワンは公式サイト、アカナはECサイトのアカナパシフィカの最安値より

 

アカナ パシフィカの基本情報はこちら

 

モグワンの基本情報はこちら

 

 

大切な愛犬のために選びたいドッグフードがおわかりいただけたかと思います。

 

しょうた(旦那)
ワンちゃんにはいつまでも元気でいてほしいから、原材料や栄養素は妥協したくないよね!
まーこ
アカナは高タンパクだから運動量が多いワンちゃん、モグワンは高タンパク低脂質だからダイエット中のワンちゃんにおすすめだよ。

 

モグワンとアカナはどちらも高品質のドッグフードですが、コスパが良いという点で当サイトではモグワンをおすすめします。

この記事が、あなたの愛犬のドッグフード選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

\公式サイトからの購入で最大20%OFF!/

  • 【新常識】「ま、安いドッグフードで妥協しとこ」にサヨナラ!

ドッグフードって、未開封であればなんと定価の8割以上で売れることも!
「高いドッグフードってまとめ買いすると安くなるけど…失敗したらお金もったいないし、安いので妥協しよ!」
そんな愛犬が"通院予備軍"に陥いってしまうような、優しくない妥協から解放される意外な真実。
これさえ知ってれば、見た目は価格が高くても、愛犬が病気にかかる不安から解放されます。そして、本当の意味で高コスパドッグフードを迷いなく選べ、愛犬と楽しく過ごせる毎日へ一直線です

>>【ペットフードアドバイザー直伝!】
高コスパドッグフード購入術 & 余ったドッグフードの高値売却術!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です