犬の管理栄養士が本気で厳選した、柴犬向け高コスパドッグフードランキングBEST3はここをクリック▶

ファーストチョイスドッグフードを口コミ評判をもとに犬の栄養管理士が徹底評価!

  • 【柴犬の飼い主300人に調査】安いドッグフードで妥協すると…?

飼い主300人のリアルな声からわかったこと…それは、安いドッグフードをあげ続けると
愛する柴犬が涙やけ皮膚炎など、痛みやかゆみのある病気になる確率が圧倒的に高くなったという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のドッグフードの中には、病気で死んだ動物の肉が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛犬に、もしそうとは知らず自分がそんな病気の元を食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のドッグフードは何か、47種の柴犬向けドッグフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けおすすめのドッグフードランキングBest3!を見る

  • 「ファーストチョイスってどんなドッグフードなの?」
  • 「ファーストチョイスを使っている飼い主の評判が知りたい」
  • 「ファーストチョイスについて専門家の評価が知りたい」

1998年にカナダから日本に上陸し、2022年に発売24周年を迎えたファーストチョイスドッグフード
「おいしさと健康の両立」をモットーに、厳選された素材にこだわり作られたドッグフードで、家で過ごすことが多く運動量の少なくなりがちな日本の犬の特徴を考え、原材料に低脂肪の鶏肉を使ったヘルシーなドッグフードです。

しかし、はじめて知ったドッグフードだという飼い主様もいるのではないでしょうか。

知らないドッグフードをはじめて購入するときには、どうしても不安は付きものですよね。

そこで今回は、ファーストチョイスドッグフードについて、実際に使用している飼い主様の評判をご紹介し、さらに、犬の栄養管理士でドッグフードアドバイザーの私まーこが、当サイト独自の4つの評価基準で、ファーストチョイスドッグフードを忖度なしで評価します。

 

この記事でわかること
  • ファーストチョイスがどんなドッグフードなのかが分かる
  • ファーストチョイスを使っている飼い主様の評判が分かる
  • 犬の専門家によるファーストチョイスの評価が分かる

 

しょうた(旦那)
「ファーストチョイス」。日本語に訳すと「最初に選択」。ドッグフードを選ぶならまずはこれにして!!ってアピール感があるよね!
まーこ
ネーミングはそうなんだけど・・・
私はそこまでおすすめできるドッグフードではないかな・・・

 

今回の対象品はファーストチョイス(成犬1歳以上 小粒 チキン)です。

▼ファーストチョイスドッグフード(成犬1歳以上 小粒 チキン)の評価結果

  評価結果
総合評価 ランク 
①栄養バランス 2.5 out of 5 stars (2.5 / 5)
②安全性 1.5 out of 5 stars (1.5 / 5)
③人気と実績 3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
④コスパ
5 out of 5 stars (5 / 5)
内容量 1.2kg/ 2.7kg / 6.7kg 
価格(税込み表記) 【1.2kg】980円
【2.7kg】1,780円
【6.7kg】3,380円
100g当たりの価格 50.4円(6.7㎏入で換算)
フードのタイプ ドライフード
対応年齢 1歳以上の成犬
原産国 カナダ

※最安値から試算

 

当サイトの結論!!

当サイトでは、ファーストチョイスをCランクと判断しました。

このドッグフードには主原料として鶏肉が使われ、低脂肪に作られていますが、気になる点としてコーンを使用していることがあげられます。
コーンのような穀物は犬にとって消化しにくい原材料で、柴犬にとっては下痢や皮膚病を発症しやすい食物でもあります。
さらに原材料として使われている鶏脂は死んだ鶏を加工して抽出されたもので、脂肪分が多く肥満の原因にもなり、穀物などの炭水化物も含まれています。そういった面で、やはり柴犬に与えるには不安があるドッグフードです。

飛びつくおいしさで健康優良犬に!愛犬の健康管理の悩みから解放してくれる、理想のドッグフードを求めているあなたはこちら↓

>>犬の管理栄養士が本気で選んだドッグフードランキングBest3!を見る

 

ファーストチョイスの口コミを紹介

 

まーこ
では、ファーストチョイスの評判を見てみよう!

 

▼ファーストチョイスに変えて食いつきがよくなりました

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kana Oyama(@kanaoyama0619)がシェアした投稿


引用:instagram

▼めっちゃ美味しそうに食べてます

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@luna10.06_bmがシェアした投稿

 

▼大手通販サイトの口コミ

良い口コミ

味はわかりませんが
いろいろ試して、食べてくれたのと、
うんちの状態が良い
ので
ずっと使用してます。
田舎なので近くのホームセンターには
売ってません。Amazonさんで安く
購入できて 大変助かってます。(引用元:Amazon
安くて助かる。
コーンが主成分だが、他のかさ増し目的じゃないとのことなのでしばらく使ってみようと思う。
袋にジッパーがついてないので密閉できる容器に移し替えて小分けにしてます。(引用元:楽天市場
8.5㎏のコーギー♀の毎日のご飯として、1歳になったときからずぅっとコレを食べ続けさせています!家に来たばかり(6ヶ月)の頃は、よくお腹を壊し病院通いをしたもので、安価ながらも本当に良いフードを探していたところ、このファーストチョイスに出会いました。生産国がカナダで、チキンを使い、全粒亜麻仁(亜麻仁油の元)が入っているのが決め手でした!もちろん食い付きもよく、それ以来お腹の調子も毛並みの艶も良いので、これからも食べ続けさせます!(引用元:Yahooショッピング
いつもファストチョイスを購入しています。我が家のワンコ達は大好きです。また排泄物の臭いも気になりません。オススメです。(引用元:Yahooショッピング

ちょっと気になる口コミ

安くなっていたのでお試しで購入してみました。
犬3匹おりますがどの子もよく食べ、お腹の調子も悪くないです。
油のギトギト感もなく匂いもきつくないです。
何より小袋に分けられているのがよいですね。
ただ、肝心の内容はお値段相応です。
キロ500円切るフードですので、お肉や野菜などの量、種類・質は当然期待できません。
原材料のほとんどがおそらく穀類でしょう。
それでも、安いフードの中には粗悪な原材料が含まれているものが多い中、ファーストチョイスは無添加ですのでそのところは評価できます。
気になる成分をあげるとしたらたん白加水分解物、かさ増しのビートパルプくらいでしょうか。
コーンがトップにきている時点でうちではメインフードからは外れますが、たまにフードを変えると喜びますので、お安くなっていたらまた購入します。(引用元:Amazon
初めて購入。
ロイヤルカナンからこちらに変えてみた。
食い付きは、いい方だと思う。ジップになってる方がいいかな?超小型犬なので食べ切る前に酸化しないかと不安。
いいのか悪いのか?便の量が小さくなった。安いていい物をとこちらを購入したが元に戻そうか検討中。。。(引用元:楽天市場

 

しょうた(旦那)
うんちの状態が良いという意見があるけど量が減ったという意見もあったり。どっちにしても、お腹には良いドッグフードの印象かな
まーこ
だけど、穀物やビートパルプを使ってることが心配って意見もあるよね。ドッグフードにうるさい飼い主様には気になるドッグフードかも・・・
しょうた(旦那)
たしかに・・・以前からまーこちゃんは穀物は柴犬には良くないって言ってるもんね
まーこ
だからこそ安全性の高いドッグフードを、選んでほしい!

 

関連記事

安全性の高いドッグフードはこちら!

当サイトのドッグフードランキングのベスト3は、グレインフリーで安全性が高く、口コミ体験談からは、皮膚炎やアレルギーが改善した実績も複数あります

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBEST3!

 

まーこ
あらためて。私としてはおすすめできないかな・・・

 

ファーストチョイスを4つの項目で徹底評価してみた!

当サイトが設定した、4つの項目でファーストチョイスの実力値を評価した結果、3つの項目で不合格となりました。

 

評価の結果
  1. 栄養バランス ⇒ △:不合格(タンパク質が少ない)
  2. 安全性 ⇒ △:不合格 (穀物を多く使用)
  3. 人気と実績 ⇒ △:不合格 (SNSでの紹介が少ない)
  4. コスパ  ⇒ 〇:合格! (100g当たり50.4円! コスパ良すぎ!)

 

合わせて読みたい関連記事

優れた栄養バランスと高い安全性で多くの飼い主さんから支持されたドッグフードはこちら

Best3のドッグフードは、栄養バランス、安全性、人気と実績、コスパ全ての項目で合格点に達したハイグレードなドッグフードです

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBest3!を見る

 

▼今回評価した商品はこちら

 

まーこ
では、4つの評価について解説するね!

 

①栄養バランス⇒△:タンパク質の含有量が低い

ファーストチョイスの栄養バランスを分析してみると、下記のようなことがわかります。

  • 主なたんぱく源が穀物中心 → アレルギーの発症食いつきが悪くなる懸念あり
  • タンパク質含有量が低め → 肥満対策や、運動量を維持する筋肉を構成しきれない懸念
  • 原料の鶏肉は副産物(頭・腸・足など)を不使用 だが生産地が不明→ どこで生産された鶏なのか分からないのは不安が残る

 

まーこ
よって、栄養バランスは△(不合格)
私の中では購入は無しかな・・・
鶏肉を使ってるのはいいんだけど、含有量が低いのよねぇ・・・

 

▼栄養バランスのチェック結果①

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  目標 ファーストチョイス
たんぱく源 動物性
たんぱく質中心
△(動物性中心ではない)
とうもろこし、鶏肉、コーングルテンミール
ビートパルプ
動物性たんぱく質
の割合(%)
50%以上
(記載なし)
粗たんぱく質
の割合(%)
26%~30% 24%以上
 

 

▼栄養バランスのチェック結果②

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  役割 目安 ファースト
チョイス
脂質 ビタミンの吸収や貯蔵、
神経を正常に働かせる
10%以上
9%以上
粗繊維 消化を助ける、便通の改善、
免疫力アップの効果
4%以下
5%以下
水分 生命の維持に最も重要な栄養素
香りや、保存のしやすさが変える
10%以下
10%以下
オメガ6脂肪酸
(リノール酸)
健康な皮膚、被毛を作り上げる
成長を促進させる
0.5%以上
3%
オメガ3脂肪酸
(αリノレン酸)
脳細胞を活性化させる、
血中中性脂肪を下げる、
アレルギー症状を予防する
0.5%以上
0.43%
マグネシウム 筋肉の維持
神経興奮の抑制
0.04~0.3%
0.1%
カルシウム リンと同様に骨や歯の主要成分、
各臓器や筋肉の伸縮性を維持させる、
神経伝達のスムーズ化を図る
0.5%以上
(記載なし)
代謝エネルギー 元気に発育させる、
運動機能及び、
繁殖能力の向上
300kcal/100g
以上

333kcal/100g

 

まーこ
たんぱく質も低いけど、脂質や繊維質もちょっと基準を外れちゃってるよね。
やっぱり栄養バランスは今ひとつかな。

 

合わせて読みたい関連記事

柴犬向けの栄養バランスが整ったドッグフードはこちら!

当サイトでは栄養管理士が厳選したドッグフードをランキング形式で紹介しています。


>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBest3!を見る

 

②安全性⇒△:原材料は穀物がメイン

ファーストチョイスの安全性を分析してみると、下記のようなことがわかります。

  • 穀物(とうもろこし) ⇒ 過剰摂取によって下痢や皮膚病を発症するリスク
  • タンパク加水分解物⇒ 発がん性リスクの増加の懸念
  • 鶏脂を使用⇒ 死んだ鶏から抽出された動物性油脂の可能性あり。アレルギー反応が起こる可能性も

 

まーこ
よって、安全性は△(不合格)
メインに穀物のトウモロコシを使っているのはちょっと怖い。
また、鶏脂には穀物などの炭水化物のほか脂肪分も多いから、食べ過ぎると肥満の原因になる可能性もあるから注意が必要だよ!
しょうた(旦那)
わ! 鶏脂って怖いんだね!!

 

①原材料の種類(摂取を極力控えた方が良い表記を赤字にしてあります)

原材料一覧
コーン、鶏肉、コーングルテンミール鶏脂ビートパルプたん白加水分解物、大豆レシチン、魚油(DHA源)、乾燥トマト(リコピン源)、酵母、全粒亜麻仁(オメガ3・6脂肪酸源)、マンナンオリゴ糖、乾燥チコリ(イヌリン源)、ユッカ抽出エキス、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、C、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(リン、ナトリウム、クロライド、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、ヨウ素)、酸化防止剤(ビタミンE)
 

②避けるべき添加物チェックの結果(目標:含まれていないこと)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  使用目的 予測されるリスク ファーストチョイス
ブチルヒドロ
キシアニソール

(BHA)
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし
ジブチルヒドロ
キシトルエン

(BHT)
酸化防止剤
変異原性の発症
(DNAや染色体に損傷を与え、
突然変異を 起こすことが原因)

該当なし
エトキシキン
酸化防止剤
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし
没食子酸
プロピル
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 犬の成長を阻害する
  • アレルギー性皮膚炎発症

該当なし
亜硝酸
ナトリウム
  • 発色剤
  • ボツリヌス菌
    増殖抑制
  • 風味の改善

大量に摂取すると

  • メトヘモグロビン血症になる
  • 最悪の場合死に至る


該当なし

タール色素
(青色〇号、
赤色〇号など)
着色料 発がん性リスクの増加
(現在は食品添加物から除外)

該当なし
プロピレン
グリコール(PG)
保湿剤や
乳化剤

大量に摂取すると

  • 赤血球を破壊
  • 体内の水分を奪う
  • 内臓機能の低下

該当なし
ソルビン酸
カリウム
 防腐剤 発がん性リスクの増加
該当なし
グリシリジリ・
アンモニエート
甘味料 
  • 人向けの食品では使用禁止
  • 柴犬も摂取を避けるべき添加物
    (何が起こるかわからない)

該当なし

 

③避けるべき原材料チェックの結果(目標:含まれていないこと)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

  使用目的 予測されるリスク ファーストチョイス
○○粉、
○○肉副産物、
▽▽ミール、
□□粉、
◇◇パウダー
動物性油脂
(4D該当材料)
安価にする
  • どのような肉が加工されている
     かわからない
  • 何が起こるかわからないため
     避けるべき
    懸念される症状)
    アレルギー、免疫力の低下、
    内臓病発症、
    体臭や口臭の悪化、
    涙やけの発症等のリスクあり

該当あり
(コーングルテン
ミール)
ビートパルプ
  • かさ増し
  • 甘味の向上

摂取しすぎると

  • うんちが固くなり便秘に
  • 糖分を多量に摂取するため肥満に

該当あり
穀物(グレイン)
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し
アレルギー症状を引き起こす
該当あり
(トウモロコシ)
とうもろこし
コーングルテン
コーングルテン
フィード
コーングルテン
ミール
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し

トウモロコシ自体はミネラルが豊富で、
糖分も高く栄養価は高いものの

  • 芯がミックスされているもの
    ⇒腸閉塞(ちょうへいそく)発症のリスク
  • 食物繊維が豊富
    ⇒過剰摂取で下痢を引き起こすリスク

そのため、極力避けたい原材料


該当あり
(とうもろこし)
(コーングルテン
ミール)
大豆

たんぱく質
摂取

がん予防効果のイソフラボンも含まれるが、

  • 過剰に摂取する
    ⇒下痢の発症、腎臓、副腎の機能低下
  • 腎臓病、心臓病、貧血の治療中の犬は注意

そのため、極力避けたい原材料


該当あり
(大豆レシチン)

※4Dに関する詳しい説明はこちら

 

しょうた(旦那)
なるほど。鶏肉よりトウモロコシの含有率が高いんだね~
まーこ
このドッグフードはとにかく穀物が多く使われているから、アレルギーのあるワンちゃんには心配なんだよね

 

合わせて読みたい関連記事

柴犬に与えても安全!グレインフリーのドッグフードをお探しの方はこちら!

当サイトで紹介しているドッグフードベスト3は安全性もバツグン!
グレインフリーで柴犬にも安心して与えられます。


>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBest3!を見る

 

③人気と実績⇒△:SNSでの紹介が少ない

SNS(インスタグラム)での口コミの投稿数は332件(2022年9月現在)で、ドッグフード関連としては投稿が少なく、認知度はイマイチと言えます。

しかし、投稿数は少ないものの、大手通販サイトでの評価は良く、一部の飼い主様には根強い人気がありそうです。

 

▼大手通販サイトの評価とInstagramの投稿数

  基準 ファーストチョイス
instagramの投稿数
(#ドッグフード名)
1,000件以上
332件
Amazon評価 3.5以上
4.3
楽天市場評価 3.5以上
4.33
yahooショッピング評価 3.5以上
4.33

 

しょうた(旦那)
通販サイトでは高評価なのに、インスタでの紹介が少ないのは残念だよね
まーこ
公式サイトでの販売がないのも多少は影響があるかも。販路が広がれば認知度も上がるし、SNS投稿数の増加にも繋がるしね!

 

合わせて読みたい関連記事

SNSでも人気!柴犬向けの人気のドッグフードはこちら!

当サイトで紹介しているドッグフードベスト3は認知度もバツグン!

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBest3!を見る

 

④コスパ⇒〇:100g当たり50.4円でコスパ最高!

ファーストチョイスは、100g当たり:50.4円で購入できます。
(※楽天市場【6.7kg】3,380円(税込)から試算))

数多くある柴犬向けドッグフードの中で比較しても、かなり安価な価格設定です。

 

▼100g当たりの価格の比較結果

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  100g当たりの価格
(目標:200円以下)
添加物
の有無
グレインフリー
or
グルテンフリー
ファーストチョイス
50.4円

無添加

穀物使用
\おすすめ!/
ネルソンズ

137円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
カナガン

188円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
モグワン

193円

無添加 

グレインフリー
ブッチ
197円

無添加 

グレインフリー
エッセンシャル
ドッグフード

209円

無添加 

グレインフリー
ピッコロ
251円

無添加 

グレインフリー
ファインペッツ
253

無添加 

穀物使用
オリジン
274円

無添加 

グレインフリー
うまか(umaka)
288円

無添加 

グルテンフリー
ナチュロル
322円

無添加 

グレインフリー

※公式サイトの最安値から試算(ファーストチョイスは楽天市場)

 

しょうた(旦那)
ダントツのコスパじゃん!!
穀物使ってなかったら、さらに良かったのにね!

まーこ
分かっているとは思うけど、値段だけにつられて飛びつくのだけは要注意だからね!

愛犬の健康を考えたら、もっと他の選択肢もあることを知っておくべき!

>>犬の管理栄養士が本気で選んだ柴犬向けドッグフードランキングはこちら

 

合わせて読みたい関連記事

避けるべきドッグフードワースト5はこちら。

具体的に「どのドッグフードがよくないのか」「なぜ避けた方がいいのか」がわからないと、すぐ買える安いドッグフードに頼ってしまいがちですよね

そこで当サイトでは、メーカーや販売元からの協力一切なしで、独自に自腹で柴犬の飼い主100人に向けて”これまでにドッグフードを買い替えた理由”を調査

その結果を分析し、本当に避けるべきドッグフードをランキング形式にまとめました

まーこ
事前に確認して避けるようにしよう!

>ホームセンターの安いドッグフードは買ってはいけない?100人アンケートでわかった危険な商品を暴露!

 



ここまで、ファーストチョイスの4つの評価について解説しました。

100g当たり200円以下(50.4円)で購入できる手軽さだけみると、飼い主様にとっては購入しやすいドッグフードといえるでしょう。

しかし、ドッグフード選びはコスパの良さだけで決めてはいけません。あなたの家族同様、愛犬も大事な家族の一員です。普段から愛犬の健康状態を観察しながら、適正なドッグフードを与えることが重要です。

しょうた(旦那)
たしかに、愛犬も大事な家族だもんね!
まーこ
どうしてコスパが良いのか?そこにはいろんな理由があるはず。
原材料に何が使われているのか、よ~く確認するようにしよう!

 

合わせて読みたい関連記事

柴犬向けのおすすめドッグフードはこちら

当サイトでは、メーカーや業者からの協力なしで自腹で独自に柴犬の飼い主総勢300名以上に向け愛犬にドッグフードをあげたことによって起きた変化を探る、15項目に及ぶアンケートを実施

その結果を犬の管理栄養士マスターの資格を持つ私の視点で分析し、本当に柴犬におすすめできるドッグフードをランキング形式でまとめました。

Best3のドッグフードは、栄養バランス、安全性、人気と実績、コスパ全てがハイグレードなドッグフードです

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBest3!を見る

 

ファーストチョイスの基本情報

引用元:ファーストチョイス公式サイト

 

▼ファーストチョイス(成犬1歳用 小粒 チキン)の基本情報

  基本情報
販売会社 アースペット株式会社
原産国 カナダ
商品のタイプ ドライフード
内容量 1.2kg/ 2.7kg / 6.7kg 
価格(税込み) 【1.2kg】980円
【2.7kg】1,780円
【6.7kg】3,380円
送料 通販サイトにより異なる
適応年齢 1歳以上
粒の大きさ 記載なし

 

ファーストチョイスの種類

ファーストチョイスは犬の年齢と体質などで細かく分かれており、全部で15種類のラインナップが用意されています。

 

主なラインナップ一覧
  • 犬種
    ⇒子犬・成犬・高齢犬・ハイシニア犬に対応
  • 体質
    ⇒ダイエット用・アレルゲンケア用・食わずぎらいの子用
  • 味・粒の大きさ
    ⇒味:チキン味・ラム&ライス味・白身魚&スイートポテト味
     粒:小粒・中粒

 

しょうた(旦那)
「食わず嫌いの子用」って面白いネーミングだよね(笑)
まーこ
フード選びに悩んでいる飼い主様におすすめみたいね!

 

ファーストチョイスの1日の給餌量はどのくらいが目安か解説

ファーストチョイスは年齢別で4つに分類されています。

  • 子犬用 (離乳期~1歳 妊娠後期~授乳期)
  • 成犬用(1歳以上)
  • 高齢犬用(7歳以上)
  • ハイシニア犬用(10歳以上)

 

まーこ
それぞれの給餌量を解説するね!

 

ファーストチョイス子犬用(離乳期~1歳 妊娠後期~授乳期)


引用元:ファーストチョイス公式サイト

育ちざかりの子犬期は運動量も多く、成長も月単位で変化していきます。
したがって、月ごとに愛犬の成長を見ながら給餌量を調整する必要があります。

また、この子犬用は、たんぱく要求量が高い母犬にも与えていいように、栄養バランスに優れ、美味しくてヘルシーな鶏肉を使用しています。

▼子犬時の月齢別一日に与える給餌量(目安)

犬の体重 離乳期~3ヶ月 3ヶ月~6ヶ月 6ヶ月~9ヶ月 9ヶ月~12ヶ月
1kg 65 60 45 35
2kg 110 100 75 60
3kg 150 135 105 80
4kg 185 165 130 100
5kg 220 195 155 120
6kg 250 225 175 140
8kg 310 280 220 170
10kg 370 330 255 205
15kg 500 450 350 275
20kg 620 555 435 340
30kg 840 755 585 465
45kg 1025 795 630
45kg~ 795~ 630~

▼ファーストチョイス子犬用の平均体重から試算した給餌量


※カロリー 371㎉/100gで算出

 
まーこ
ちなみに月齢別の推奨される食事の回数は以下の表のとおりだよ!

▼子犬時の月齢別供給回数

月齢 一日に与える回数(目安)
2~3か月 3回
4~5か月 3回
6~7ヶ月 2~3回
8~10か月 2~3回
11~12か月 2~3回

 

まーこ
体重と食べる回数を調整して、1回当たりの量を調整することが大事だよ!

 

ファーストチョイス 成犬用(1歳以上)


引用元:ファーストチョイス公式サイト

 

▼体重別摂取量
【柴犬(成犬)の平均体重(オス:911kg、メス:79kg)部分をピンク色にしました】

犬の体重 給与量
1kg 30
2kg 50
3kg 65
4kg 85
5kg 100
6kg 115
8kg 140
10kg 165
15kg 225
20kg 280
30kg 375
45kg 510

▼ファーストチョイス成犬用の平均体重から試算した給餌量

※カロリー 333㎉/100gで算出

 

しょうた(旦那)
こう見ると、給餌量に幅があるね。
体重が1キロ違うだけでも微妙な調整が必要だね!
まーこ
そのとおり! ちなみに、

うんちがかたい場合 ⇒ ドッグフードの量を増やす

うんちがやわらかい場合 ⇒ ドッグフードの量を減らす

で微調整しよう!

 

ファーストチョイス高齢犬用(7歳以上)


引用元:ファーストチョイス公式サイト

▼体重別摂取量
【柴犬(高齢犬)の平均体重(オス:911kg、メス:79kg)部分をピンク色にしました】

犬の体重 給与量
1kg 25
2kg 45
3kg 60
4kg 75
5kg 85
6kg 100
8kg 125
10kg 145
15kg 195
20kg 245
30kg 330
45kg 450

▼ファーストチョイス高齢犬用の平均体重から試算した給餌量

※カロリー 327㎉/100gで算出

 

しょうた(旦那)
お年寄り犬は少し食欲が落ちるんだよね
まーこ
うん。高齢になると、子犬や成犬の時と比べて消化機能が落ちるから一度にたくさん食べられない。これは人間も一緒だよね。だから、少量を1日3~4回と回数を多めにしてあげよう!

 

ファーストチョイス ハイシニア犬用(10歳以上)


引用元:ファーストチョイス公式サイト

▼体重別摂取量
【柴犬(10歳以上)の平均体重(オス:911kg、メス:79kg)部分をピンク色にしました】

犬の体重 給与量
1kg 25
2kg 45
3kg 60
4kg 75
5kg 85
6kg 100
8kg 125
10kg 145
15kg 200
20kg 245
30kg 330
45kg 450

▼ファーストチョイス ハイシニア犬用の平均体重から試算した給餌量

※カロリー 329㎉/100gで算出

 

しょうた(旦那)
高齢犬用とさほど変わらないかな?]
まーこ
うん。だけど、成犬用と比べたら少しだけタンパク質の含有量を低めにしているよ!

 

ファーストチョイスへの切り替え方法

他のドッグフードからファーストチョイスに切り替える場合は、いきなり全部をかえるのではなく、

元々食べていたドッグフード:ファーストチョイス = 9:1 

の割合で徐々に慣れさせて、1~2週間程度で変えるようにしましょう。

 

まーこ
あわせて新鮮なお水をあげることも忘れずに!

 

ファーストチョイスの最安値は楽天市場

ファーストチョイスは公式サイトでは販売していません。したがって他の通販ルートで購入することになりますが、大手通販サイトで比較してみた結果、楽天市場が最安値となりました。

▼ネットショッピング 価格比較結果(税込)
※対象品 ファーストチョイス(成犬1歳用 小粒 チキン 6.7㎏入)

  \最安値!!/
楽天市場
Amazon
(在庫切れ有無確認用リンク)
Yahoo
ショッピング
単品価格
3,380円 現在在庫切れ 3,264円
送料 無料 沖縄県のみ4,400円
合計金額 3,380円 7,664円
返金保証 × ×

 

しょうた(旦那)
Amazonでは売り切れか・・・
やっぱりコスパが良いから売れてるってことかな・・・
まーこ
価格だけで見るとYahooショッピングが一番安いんだけど、沖縄だけ送料がかかるんで、楽天市場を最安値としたよ

 

ファーストチョイス購入時の注意点

ファーストチョイスは公式サイトでは購入できないため、通販サイトやペットショップなどを利用するしかないのですが、通販サイトで購入する場合、価格ばかり重視していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があるので注意が必要です。

 

要注意!!

  • 違う種類のものが届く(成犬用で頼んだはずが子犬用が届く)
  • 販売会社とのトラブル(送金したのに商品が届かない)

対面販売ではないため、このようなトラブルは多く、特に異常に価格が安い販売会社は購入する前にその会社の口コミで評判の悪い書き込みなどがないか、チェックすることをおすすめします。

まーこ
一部では「安かろう悪かろう」も存在するってことを忘れずに!

 

ファーストチョイスについてのQ&A

新しいドッグフードを購入するとき、誰でも不安は付きものです。
そこでここでは、ファーストチョイスに関する質問を、犬の管理栄養士&ペットフードアドバイザーの資格を持っている私まーこがズバリ!答えます。

 


返金対応してくれるのかな?
まーこ
残念!どの通販サイトもしてないんだよね・・・

 


柴犬専用はある?
まーこ
柴犬専用はないんだけど、このドッグフードは年齢別で細かく選べるから選択肢には問題ないと思うよ!

 


おすすめの保存方法と開封後の賞味期限は?
まーこ
常温で直射日光が当たらないような場所で保管しよう!
開封したら冷暗所保管して、おおよそ1ヶ月をめどに使い切ってね!

 

要注意!!

ドライフードの場合、冷蔵庫や冷凍庫に保管しないように注意しましょう。

常温に戻した際の温度差による結露でドッグフードに水分が含まれカビが発生し、品質が劣化するため注意が必要です。

 


柴犬用がないから、正しい給餌量が分からないんだけど、何か計算方法とかあるの?
まーこ
ウチのサイトで、柴犬用の給餌量が分かる計算方法を紹介しているからのぞいてみて!
関連記事

月齢別の柴犬のドッグフードの量の計算方法はこちら

誰でもすぐに計算できるように、わかりやすくまとめてあります。

>>あなたの柴犬ドッグフードを食べ過ぎかも?犬の管理栄養士が適正量とおすすめのフードを解説

 


保存料は全く使っていないの?
まーこ
合成保存料は使ってないんだけど、酸化防止剤としてビタミンEを使用しているけど、これは天然由来の成分だから安心だよ!

 


 

ファーストチョイスがおすすめの飼い主様とそうでない飼い主様

 

まーこ
これまでの情報を踏まえて、私が考えるファーストチョイスをおすすめしたい飼い主様とそうでない飼い主様は次のとおり!

 

ファーストチョイスがおすすめな飼い主様

 

おすすめな人

  • とにかくコスパ優先という飼い主様
  • ドッグフードの細かい成分にこだわらない飼い主様
  • 愛犬のライフステージにあったドッグフードをさがしている飼い主様

 

まーこ
お財布にやさしいドッグフードをさがしている飼い主様には最適だよね!

 

ファーストチョイスをおすすめできない飼い主様

 

買うべきではない人

  • 穀物アレルギーに不安がある飼い主様
  • 「安かろう悪かろう」のイメージがある飼い主様
  • 国内産のドッグフードをさがしている飼い主様

 

まーこ
特にトウモロコシを使用していることに不安があるなら買っちゃいけないと思うよ!

 

ドッグフード選びは、1日2回食べさせると1年で730回あげることから、柴犬の一生を左右するくらい大切です。
柴犬の健康を維持し、楽しい毎日を送るためのドッグフードは必ず見つかります

関連記事
飛びつくおいしさで健康優良犬に!愛犬の健康管理の悩みから解放してくれる、理想のドッグフードを求めているあなたはこちら

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBEST3!

 

ファーストチョイスの基本情報

 
  基本情報
内容量 1.2kg/ 2.7kg / 6.7kg 
価格(税込み) 【1.2kg】980円
【2.7kg】1,780円
【6.7kg】3,380円
販売会社 アースペット株式会社
公式サイト https://www.earth-pet.co.jp/

  • 【新常識】「ま、安いドッグフードで妥協しとこ」にサヨナラ!

ドッグフードって、未開封であればなんと定価の8割以上で売れることも!
「高いドッグフードってまとめ買いすると安くなるけど…失敗したらお金もったいないし、安いので妥協しよ!」
そんな愛犬が"通院予備軍"に陥いってしまうような、優しくない妥協から解放される意外な真実。
これさえ知ってれば、見た目は価格が高くても、愛犬が病気にかかる不安から解放されます。そして、本当の意味で高コスパドッグフードを迷いなく選べ、愛犬と楽しく過ごせる毎日へ一直線です

>>【ペットフードアドバイザー直伝!】
高コスパドッグフード購入術 & 余ったドッグフードの高値売却術!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です