犬の管理栄養士が本気で厳選した、柴犬向け高コスパドッグフードランキングBEST3はここをクリック▶

ベストバランス柴犬用を口コミ評判をもとに犬の管理栄養士が徹底評価!

  • 【柴犬の飼い主300人に調査】安いドッグフードで妥協すると…?

飼い主300人のリアルな声からわかったこと…それは、安いドッグフードをあげ続けると
愛する柴犬が涙やけ皮膚炎など、痛みやかゆみのある病気になる確率が圧倒的に高くなったという、目を覆うような事実が判明…!

実は市販のドッグフードの中には、病気で死んだ動物の肉が使われているなんて、裏側を知ると寒気がするようなものもたくさんあるんです。

大切な愛犬に、もしそうとは知らず自分がそんな病気の元を食べさせ続けていたら…なんて、考えたくもありませんよね。

そこで、そんな悪夢を避けるための理想のドッグフードは何か、47種の柴犬向けドッグフードを徹底比較し、Best3を厳選しました!

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けおすすめのドッグフードランキングBest3!を見る

  • 「ベストバランスってあちこちで安く売ってるけど、品質は大丈夫なのかな?」
  • 「品質が良ければ使ってみたいけど、質の悪い材料が使われていないか心配…」
  • 「実際に使った飼い主さんはどう思っているんだろう?」

大手ペットフードメーカー・ユニ・チャームペットと、動物栄養学博士との共同開発で生まれたベストバランス

柴犬をはじめ、様々な犬種に合わせたラインナップが充実し、購入しやすい価格設定ではあるものの、SNSやネットでの評判はあまり良くないようです。

ベストバランスは本当に「安かろう悪かろう」のドッグフードなのでしょうか。

この記事では、ベストバランス・柴犬用を使った飼い主、愛犬がどうなったのかの口コミ体験談を基に、忖度なしで評価します。

この記事でわかること
  • ベストバランスの安全性、安価な理由がわかる
  • ベストバランスに使われている原材料や栄養についてわかる
  • ベストバランスを実際に使用し飼い主からの生の感想・評判がわかる

 

まーこ
ネタバレ:おすすめできないドッグフードかな。

 

▼ベストバランス・柴犬カリカリ仕立ての評価結果

  評価結果
総合評価 Eランク
①栄養バランス 0.5 out of 5 stars (0.5 / 5)
②安全性 0 out of 5 stars (0 / 5)
③人気と実績 5 out of 5 stars (5 / 5) 
④コスパ
 (税込み表記)
5 out of 5 stars (5 / 5)100g当たり50.4円
内容量 1.1kg / 2.7kg / 4kg / 5.5kg 
価格(税込み表記) 【1.1kg】520円
【2.7kg】1,100円
【4kg】1,749円
【5.5kg】2,024円
フードのタイプ ドライフード
対応年齢 成犬
原産国 日本
まーこの辛口評価結果!!

当サイトでは、ベストバランス・柴犬用をEランクと判断しました。

栄養バランスや安全性評価において、不安が残る項目が複数ありました。
また、実際に使ったことがある飼い主さんからは、

「食べた後に吐いてしまった。」
「もしかしたら消化不良を起こしているのかも…」

などの口コミから、避けるべき原材料と紐づいていると考えられ、当サイトではおすすめできないドッグフードです

飛びつくおいしさで健康優良犬に!愛犬の健康管理の悩みから解放してくれる、理想のドッグフードを求めているあなたはこちら↓

>>犬の管理栄養士が本気で選んだドッグフードランキングBEST3!を見る

 

ベストバランス・柴犬用の口コミ、評判を徹底検証!

まずはベストバランス・柴犬用の第三者の口コミや評価を、SNSと独自アンケートの結果から評価、解説します。

 

▼ECサイトの口コミ

キロ数によって小分けにっているのとそうじゃないもの。紛らわしすぎ!
小分けタイプ買ったつもりでいたのに…(引用:Amazon)
食いつきに問題ありません。質量は軽めでやや粒サイズが大きい
7歳以上用ですが10歳を超えると、個体によっては詰まりやすいのではと感じました。(引用:Amazon)
原材料ですが、手頃なフードにありがちな穀類が一番多く入っています
野菜として入っているものもビートパルプ(サトウダイコンの絞りカス)が一番多いです。
原材料的にはイマイチだなと思わざるを得ません。(引用:Amazon)
今まで、この商品を使っていたのですが、たまには違う味も試そうと、他の商品を購入しましたが、食いつきが悪く、また元に戻りました
他の商品と混ぜてあげても、この商品だけ選んで食べるくらいですから、よほどお気に入りだと思います。(引用:Amazon)
コスパが良いし、食いつきも良かったです😊(引用:Amazon)
原材料表示の一番最初に『穀物』が書かれていたり 着色料や保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na) などの添加物が入っている方が問題だと思います。

もっと良質な原材料使用しているフードをあげた方が 遙かに健康でいられると思うのですが…。(引用:Yahoo知恵袋)

さて、愛犬元気ベストバランスですが避けたほうがいいと言われている原材料がすべて入っています。相当コストダウンの努力をされていると思います。引用:Yahoo知恵袋
最近餌を愛犬元気のベストバランスに変えたのですが、ここ最近食後に吐いてしまいます。成分を見ると穀物中心で消化がされてないのかなと思います。引用:Yahoo知恵袋

食いつきいい、コスパが良いという声もありますが、表示の不親切さや原材料についての不満の声が目立ちました。

また、シニア犬には粒が大きすぎて食べにくいといった声や、うまく消化できず吐いてしまうワンちゃんもいました。
個体差はあるものの穀物ベースの原材料は、愛犬にとって負担が大きいように見受けられます。

 

しょうた(旦那)
材料とか細かいところにこだわらないのなら問題ないみたいだね。
まーこ
しっかり食べてて、体調も崩していなければいいけど、
後々のことを考えると、積極的におすすめはできないかな。

 

愛犬の健康を想い、時間を使い、悩んだ末に選んだドッグフードが原因で体調を崩してしまったら、本末転倒です。

だからこそ、栄養バランス、安全性がしっかりと考慮されたハイグレードなドッグフードを選んであげたいものです。

関連記事

安全性の高いドッグフードはこちら!

当サイトのドッグフードランキングのベスト3は、安全性が高く、口コミ体験談からは、皮膚炎やアレルギーが改善した実績も複数あります

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBEST3!

 

ベストバランス・柴犬用を4つの項目で徹底評価してみた!

当サイトが設定した、4つの項目計26の基準で、ベストバランスの実力値を評価した結果、
3つの項目で不合格となりました

 

まーこ
この4つの項目は柴犬向けドッグフードとして必ずクリアしてほしい項目だけど、3つも不合格だと到底おすすめはできないかな

 

評価の結果
  1. 栄養バランス ⇒ △:不合格 (一部基準値未達の栄養値あり)
  2. 安全性 ⇒ △:不合格 (一部基準値未達の原材料あり)
  3. 人気と実績 ⇒ 〇:合格! (高い人気と実績あり)
  4. コスパ  ⇒ △:不合格(100g当たり43.725円 安価だが幼犬には使えない)

 

>>4つの項目を全て「合格」したハイグレードなドッグフードを見る

 

▼今回評価した商品はこちら

それぞれの項目を詳しく解説します。

 

①栄養バランス⇒△:たんぱく質の含有量が目標値未達

ベストバランス・柴犬用の栄養バランスを分析してみると、下記のようなことがわかります。

  • 主なたんぱく源が穀物中心 → アレルギーの発症消化不良の懸念
  • タンパク質含有量が低め → 元気一杯に動く柴犬の筋肉を作るには物足りない肥満の懸念

 

よって、栄養バランスは△(不合格)。
おうちの愛犬に食べさせるには、不安が残ります。

 

栄養バランスのチェック結果①

←スマホの方は左右にスクロールできます→

 
目標
ベストバランス・柴犬用
カリカリ
仕立て
ふっくら
仕立て
パウチ
たんぱく源 動物性
たんぱく質中心
△(動物性中心では
ない)

穀類(トウモロコ
シ、小麦粉、
コーン
グル
テンミール、
パン粉、玄米等)

肉類(チキンミー
ル、チキンエキス
等)、魚介類
(フィッシュミー
ル、フィッシュエキ
ス、小魚パウダ
ー)、豆類(大豆、
大豆パウダー、大豆
エキス)

△(動物性中心ではない)

穀類(小麦粉、トウ
モロコシ、小麦グル
テン、玄米)
、肉類
(チキンミール、さ
さみ、チキン、チキ
ンエキス)、豆類
(大豆、大豆エキ
ス、脱脂大豆、おか
らパウダー)、魚介
類(フィッシュミー
ル、小魚パウダー、
フィッシュエキス)

(動物性中心)
肉類(鶏胸肉、
ささみ)
動物性たんぱく質
の割合(%)

(記載なし)

(記載なし)

(記載なし)
粗たんぱく質
の割合(%)
26%~30% △(目標値未達)
23.0%以上
△(目標値未達)
18.0%以上
△(目標値未達)
8.5%以上

 

栄養バランスのチェック結果②

←スマホの方は左右にスクロールできます→

 
役割

目安
ベストバランス・柴犬用
カリカリ
仕立て
ふっくら
仕立て
パウチ
脂質 ビタミンの吸収や貯蔵、

神経を正常に働かせる
10%以上
10.0%以上

6.0%以上

2.0%以上
粗繊維 消化を助ける、便通の改
善、

免疫力アップの効果
4%以下
4.5%以下

4.0以下

1.0%以下
水分 生命の維持に最も重要な
栄養素

香りや、保存のしやすさ
が変わる

10.0%以下

30.0%以下

90.0%以上
オメガ6脂肪酸
(リノール酸)
健康な皮膚、被毛を作り
上げる

成長を促進させる

(記載なし) 

(記載なし) 

(記載なし) 
オメガ3脂肪酸
(αリノレン酸)
脳細胞を活性化させる、
血中中性脂肪を下げる、
アレルギー症状を予防す

(記載なし)

(記載なし) 

(記載なし) 
マグネシウム 筋肉の維持
神経興奮の抑制
0.04~0.3%
(記載なし) 

(記載なし) 

(記載なし) 
カルシウム リンと同様に骨や歯の主
要成分、

各臓器や筋肉の伸縮性を
維持させる、

神経伝達のスムーズ化を
図る
0.5%以上
(記載なし)

(記載なし) 

(記載なし) 
代謝エネルギー 元気に発育させる、
運動機能及び、
繁殖能力の向上
300kcal/100g
以上

350kcal/
100g

285kcal/
100g

70kcal/
100g
まーこ
栄養面ではたんぱく質の量がイマイチかな…

それと肉類はミールとか加工品がメインだからそれもちょっと気になるところだね。

 

②安全性⇒△:一部の品目に避けるべき添加物が含まれ、原材料にも不安あり

ベストバランス・柴犬用の安全性を分析してみると、下記のようなことがわかります。

  • 肉類(チキンミール・チキンエキス等)⇒素材の素性が不明なため下痢感染症のリスク

  • 穀物(とうもろこし) ⇒ 過剰摂取によって下痢アレルギー疾病発症のリスク

  • 動物性油脂 ⇒ 素材の素性が不明なため、予測できない症状を起こすリスク

よって、安全性は△(不合格)。
安全面においても、愛犬に食べさせるには不安が残ります。

 

①原材料の種類(摂取を極力控えた方が良い表記を赤字にしてあります)

カリカリ仕立て原材料一覧
穀類(トウモロコシ、小麦粉コーングルテンミール、パン粉、玄米等)、肉類(チキンミール、チキンエキス等)魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、小魚パウダー)豆類(大豆、大豆パウダー、大豆エキス)動物性油脂、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、酵母、糖類(ショ糖、オリゴ糖)、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミルクカルシウム、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

 

ふっくら仕立て原材料一覧
穀類(小麦粉、トウモロコシ、小麦グルテン、玄米)、肉類(チキンミール、ささみ、チキン、チキンエキス)、糖類(ブドウ糖果糖液糖、ショ糖、粉末水あめ)、豆類(大豆、大豆エキス、脱脂大豆、おからパウダー)、魚介類(フィッシュミール、小魚パウダー、フィッシュエキス)、酵母、油脂類、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダ―、ホウレンソウパウダー)、ゼラチン、プロピレングリコール、グリセリン、乳化剤、ソルビトール、保存料(ソルビン酸K、ソルビン酸)、ミネラル類(塩素、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、亜鉛)、増粘安定剤(加工でん粉)、pH調整剤、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、パントテン酸)、調味料、トレハロース、リン酸塩、酸化防止剤(アスコルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス、ローズマリー抽出物)、ミルクカルシウム

 

パウチ原材料一覧
肉類(鶏胸肉、ささみ)、野菜類(キャベツ、ニンジン、グリーンピース、スイートコーン)、しょうゆ、植物性油脂、ショ糖、寒天、増粘多糖類、乳酸カルシウム、酸化防止剤(EDTA-Ca・Na)、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、C、E)
 

②避けるべき添加物チェックの結果(目標:含まれていないこと)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

 
使用目的

予測される
リスク
ベストバランス・柴犬用
カリカリ
仕立て
ふっくら
仕立て
パウチ
ブチルヒドロ
キシアニソール

(BHA)
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし

該当なし

該当なし
ジブチルヒドロ
キシトルエン

(BHT)
酸化防止剤
変異原性の発症
(DNAや染色体に損傷を与え、
突然変異を 起こすことが原因)

該当なし

該当なし

該当なし
エトキシキン
酸化防止剤
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 発がんリスクの増加

該当なし

該当なし

該当なし
没食子酸
プロピル
酸化防止剤
  • 奇形、障害児の誕生
  • 犬の成長を阻害する
  • アレルギー性皮膚炎発

該当なし

該当なし

該当なし
亜硝酸
ナトリウム
  • 発色剤
  • ボツリヌス

    増殖抑制
  • 風味の改善

大量に摂取すると

  • メトヘモグロビン血症
    になる
  • 最悪の場合死に至る


該当なし


該当なし


該当なし

タール色素
(青色〇号、
赤色〇号など)
着色料 発がん性リスクの増加
(現在は食品添加物から除
外)

該当なし

該当なし

該当なし
プロピレン
グリコール(PG)
保湿剤や
乳化剤

大量に摂取すると

  • 赤血球を破壊
  • 体内の水分を奪う
  • 内臓機能の低下

該当なし

該当あり

該当なし
ソルビン酸
カリウム
 防腐剤 発がん性リスクの増加
該当なし

該当あり

該当なし
グリシリジリ・
アンモニエート
甘味料 
  • 人向けの食品では使用
    禁止
  • 柴犬も摂取を避けるべ
    き添加物

    (何が起こるかわからな
    い)

該当なし

該当なし

該当なし

 

③避けるべき原材料チェックの結果(目標:含まれていないこと)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

 
使用目的

予測される
リスク
ベストバランス・柴犬用
カリカリ
仕立て
ふっくら
仕立て
パウチ
○○粉、
○○肉副産物、
▽▽ミール、
□□粉、
◇◇パウダー
動物性油脂
(4D該当材料)
安価にする
  • どのような肉が加工され
    ている
    かわからない
  • 何が起こるかわからないため
    避けるべき
    懸念される症状)
    アレルギー、
    免疫力の低下、
    内臓病発症、
    体臭や口臭の悪化、
    涙やけの発症 等
    のリスクあり

該当あり
(動物性油脂)

該当あり
(動物性油脂)

該当なし
ビートパルプ
  • かさ増し
  • 甘味の向上

摂取しすぎると

  • うんちが固くなり便秘に
  • 糖分を多量に摂取する
    ため肥満に

該当あり

該当あり

該当なし
穀物(グレイン)
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し
アレルギー症状を引き起こ

該当あり

該当あり

該当なし
とうもろこし
コーングルテン
コーングルテン
フィード
コーングルテン
ミール
  • 炭水化物
    摂取
  • かさ増し

トウモロコシ自体は
ミネラルが豊富で、

糖分も高く
栄養価は高いものの

  • 芯がミックスされている
    もの

    ⇒腸閉塞(ちょうへいそ
    く)発症のリスク
  • 食物繊維が豊富
    ⇒過剰摂取で下痢を引き起
    こすリスク

そのため、極力避けたい
原材料


該当あり
(とうもろこ
し他)

該当あり
(とうもろこ
し他)

該当なし
大豆

たんぱく質
摂取

がん予防効果のイソフラボ
ンも含まれるが、

  • 過剰に摂取する
    ⇒下痢の発症、腎臓、
    副腎の機能低下
  • 腎臓病、心臓病、貧血の
    治療中の犬は注意

そのため、極力避けたい
原材料


該当あり

該当あり

該当なし

※4Dに関する詳しい説明はこちら

 

まーこ
一部を除いて表記上は、原材料に関しては問題があるけど有害な添加物は含まれていないみたいだね。

それでも、多少なりともリスクがあるドッグフードだから、私ならあげないかな

合わせて読みたい関連記事

危険な原材料の種類と、そのリスクを詳しくまとめた記事はこちら。

発がん性物質を含む添加物や、消化しにくい穀物などの、危険な原材料が使用されているドッグフードを食べ続けてしまうと、体調を崩し最悪病気を発症して取返しのつかないことになりかねません

この記事を読むと、以下の2つがわかりす。

  • 記事内の【チェックリスト】で危険性の判定ができる
  • 安心安全なドッグフードの選び方がわかる

あなたのドッグフード選びの悩みが解消されます

>>ドッグフードの危険な原材料を理解して安心・安全なドッグフード選ぼう!【チェックリストあり】を見る

 

③人気と実績⇒〇:SNS&ECサイトで高評価 知名度も実績も高い

ベストバランス・柴犬用は、SNSでの口コミの投稿数も8,257件で認知度が非常に高く、ECサイトでの評価も高いことがわかりました。

 

▼大手通販サイトの評価とInstagramの投稿数

  基準 ベストバランス・柴犬用
(成犬用カリカリ仕立て)
instagramの投稿数
(#ドッグフード名)
1,000件以上
8,257件
Amazon評価 3.5以上
4.0
楽天市場評価 3.5以上
5.0
yahooショッピング評価 3.5以上
4.72
しょうた(旦那)
instagramの投稿数も凄く多いし、ECサイトの評価も高いみたいだね!
まーこ
そこがややこしいところで、こういう評価はどこまで信じたらいいのかわからないんだよね。

ECサイトの口コミには、「サクラ」も結構あるからね。書いた日付とか文体がそっくりなのがいくつもあったら要注意

しょうた(旦那)
それじゃ、あまり信憑性はないってことかな?
まーこ
口コミとかって、みんなあまり悪いことは書かないからね。チェックするなら良い口コミと悪い口コミの両方が書いてあるサイトとか、レビューの数が多いものを見た方が良いね。

>>口コミに惑わされず、犬の管理栄養士の視点で厳選したドッグフードランキングBEST3!を見る

 

④コスパ⇒〇:100g当たり43.7円で安価

ベストバランス・柴犬用(カリカリ仕立て)は、100g当たり:43.7円で購入できます。
(※楽天市場【4kg】1,749円(税込み)から試算))

柴犬向けのハイグレードなドッグフードの中で比較しても、かなり安価な価格設定です。

▼100g当たりの価格の比較結果

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  100g当たりの価格
(目標:200円以下)
添加物
の有無
グレインフリー
or
グルテンフリー
ベストバランス
43.7円

無添加

穀物使用
\おすすめ!/
ネルソンズ

137円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
カナガン

188円

無添加 

グレインフリー
\おすすめ!/
モグワン

193円

無添加 

グレインフリー
ブッチ
197円

無添加 

グレインフリー
エッセンシャル
ドッグフード

209円

無添加 

グレインフリー
ピッコロ
251円

無添加 

グレインフリー
ファインペッツ
253

無添加 

穀物使用
オリジン
274円

無添加 

グレインフリー
うまか(umaka)
288円

無添加 

グルテンフリー
ナチュロル
322円

無添加 

グレインフリー

※公式サイトの最安値から試算

 

コスパは〇(合格)、ではあるものの、対象年齢が成犬からシニア犬までのドッグフードで、1歳以下の子犬には対応していないことから、汎用性はそこまで高くはありません。

 

▼ベストバランス・柴犬用(成犬用・カリカリ仕立て)の対応年齢と粒の大きさ

  目標値 ベストバランス・柴犬用
(成犬用・カリカリ仕立て)
100g当たりの価格 200円以下
43.7円
対応年齢 全年齢対応
成犬・シニア犬
(年齢別ラインナップあり)
粒の大きさ 直径 8~10mm程度
(記載なし)
しょうた(旦那)
値段はともかく、成犬にしか使えないのは残念だね。

まーこ
そうだね。

ドッグフードの中には全年齢に対応しているものもあるから、オールインワンで行きたいなら全年齢に対応したドッグフードをまず探してみるのがおすすめかな!

>>全年齢対応で安全性もコスパも高い柴犬向けドッグフードランキングBEST3!を見る

 

合わせて読みたい関連記事

避けるべきドッグフードワースト5はこちら。

具体的に「どのドッグフードがよくないのか」「なぜ避けた方がいいのか」がわからないと、すぐ買える安いドッグフードに頼ってしまいがちですよね

そこで当サイトでは、メーカーや販売元からの協力一切なしで、独自に自腹で柴犬の飼い主100人に向けて”これまでにドッグフードを買い替えた理由”を調査

その結果を分析し、本当に避けるべきドッグフードをランキング形式にまとめました

まーこ
事前に確認して避けるようにしよう!

>>ホームセンターの安いドッグフードは買ってはいけない?100人アンケートでわかった危険な商品を暴露!

 

 


 

以上、ベストバランス・柴犬用(成犬用カリカリ仕立て) の評価の結果でした。

100gあたり43.7円という、非常にお手頃な値段で購入できて、ECサイトでも高評価、SNSでも多数の投稿があることから多くの飼い主さんたちに愛用されていることがうかがえます。

しかし、

 

ベストバランスを食べることで起こりうるリスク

  • ミールやパウダーなどに加工された肉 ⇒ アレルギー症状・涙やけ・体臭がきつくなるリスク
  • ピートパルプ ⇒ 便秘や肥満のリスク
  • 穀物・トウモロコシ ⇒ 消化不良やアレルギー疾病発症のリスク

 

どの原材料についても、産地やグレードといった具体的な情報がわからないため、大切な愛犬に与えるには、少し不安の残り商品と言えます

愛犬の健康守るためにも、ドッグフードは価格や口コミだけに頼らないように慎重に選びたいものです

 

まーこ
だからこそ、愛犬のことを最優先に考えられたドッグフードを選んで欲しい!

 

合わせて読みたい関連記事

柴犬向けのドッグフードランキングの記事はこちら。

当サイトが独自に行った柴犬の飼い主200人へのアンケート結果を分析、評価し、柴犬向け言われるドッグフード47種をランキング形式でまとめました

添加物とか原材料が不安で、イマイチどれがいいのかわからない…

そんな、あなたのドッグフード選びの悩みが解消され、元気な愛犬と毎日楽しく過ごせる日常はすぐそこにあります。

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBEST3!を見る

 

ベストバランス(柴犬用)の基本情報

引用:ベストバランス公式サイト(ユニ・チャーム・ペット)

 

ベストバランス・柴犬用の基本情報

  基本情報
販売会社 ユニ・チャーム株式会社
原産国 日本
商品のタイプ ドライフード/ソフトフード/ウェットフード
内容量

【ドライタイプ】
ベストバランス・柴犬 成犬用:1.1kg / 2.7kg / 4kg / 5.5kg
ベストバランス・柴犬 7歳以上用:2.7kg / 4.0kg
ベストバランス・柴犬 10歳以上用:2.7kg / 4.0kg
【ソフトフード】
ベストバランス・柴犬 7歳が近づく頃から始める低脂肪:1.7kg
【ウェットフード】
ベストバランス・柴犬 パウチ:60g

価格(税込み)

【ドライタイプ】
ベストバランス・柴犬 成犬用
・1.1kg:520円
・2.7kg:1,100円
・4kg:1,749円
・5kg:2,024円
ベストバランス・柴犬 7歳以上用
・2.7kg :1,100円
4.0kg:1,749円
ベストバランス・柴犬 10歳以上用
・2.7kg :1,100円
・4.0kg:1,749円
【ソフトフード】
ベストバランス・柴犬 7歳が近づく頃から始める低脂肪
・1.7kg:1,028円
【ウェットフード】
ベストバランス・柴犬 パウチ
・60g:101円(税込)

送料 199円~990円(税込み)
※楽天・Amazonの場合
適応年齢 成犬・シニア犬

 

ベストバランス・柴犬用の種類

ベストバランス・柴犬用は、ドライタイプの「カリカリ仕立て」をはじめ、ソフトタイプの「ふっくら仕立て」パウチ包装のウェットタイプと色々な食感が楽しめます。

また、ドライタイプは年齢に合わせて3種類のラインナップが揃っています。

 

主なラインナップ一覧
  • ドライタイプ「カリカリ仕立て」
    ⇒歯ごたえのある硬い粒タイプ
    成犬用の他、人間でいう中年期に相当する7歳以上用、シニア期に相当する10歳以上用がある
    7歳以上用・10歳以上用は、ビタミンA・B群・C・Eが成犬用の約1.25倍含まれている

  • ソフトタイプ「ふっくら仕立て」
    ⇒7歳以上向けの、柔らかい粒タイプ 角切りチキン粒配合

  • パウチ(ソフトタイプ)
    ⇒1回分ずつパウチ包装 ドライタイプと混ぜてもおいしい
    1歳以上の成犬向け

 

ベストバランスは、柴犬用以外にも下記の犬種に対応しています。

  • ドライタイプ:トイ・プードル、チワワ、ミニチュア・ダックスフント、シーズー、
           ヨークシャテリア
  • ソフトタイプ:トイ・プードル、チワワ、ミニチュアダックスフント
  • ウェットタイプ:トイ・プードル、チワワ、ミニチュアダックスフント

 

ベストバランス・柴犬用の1日の供給量はどのくらいが目安か解説

柴犬向けのベストバランス(カリカリ仕立て)には、

  • 柴犬 成犬 (生後10か月目頃~7歳頃)
  • 柴犬 7歳以上用(7歳~10歳頃)
  • 柴犬 10歳以上用(10歳~)

3種のラインナップがあります。

ここでは、各ラインナップの供給量と注意すべきポイントをまとめました。

計算の手順は以下の通り。

  1. 柴犬の体重を3回かける(体重×体重×体重)
  2. ①で出た数値にルート√を2回かける(√√①)
  3. ②の数値に70をかける(②×70)
  4. ③の数値に活動係数(ライフステージ係数)をかける(③×活動係数)
  5. ④の数値をドッグフードのカロリー数で割って100を掛ける(④/○○kcal×100)

 

▼活動係数(ライフステージ係数)

体重・状態 活動係数
生後4ヶ月まで 3.0
生後4ヶ月~成犬 2.0
成犬(避妊・去勢なし) 1.8
成犬(避妊・去勢済) 1.6
肥満気味の成犬 1.0~1.2
減量が必要な成犬 1.0
シニア犬(避妊・去勢なし) 1.4
まーこ
実際に計算してみよう!
計算の例

成犬 / 体重10kg / 避妊 / 去勢済み / 肥満なし の柴犬への1日当たりの供給量

カリカリ仕立ての摂取カロリー:350kcal/100g

  1. 柴犬の体重を3回かける(体重×体重×体重)
    ⇒10×10×10=1,000

  2. ①で出た数値にルート√を2回かける(√√①)
    ⇒√√10×10×10=5.623…

  3. ②の数値に70をかける(②×70)
    ⇒5.623…..×70=393.63…

  4. ③の数値に活動係数(ライフステージ係数)をかける(③×活動係数)
    ⇒393.63…×1.6=629.82

  5. ④の数値をドッグフードのカロリー数で割って100を掛ける(④/○○kcal×100)
    ⇒629.82/350×100=180.0g

以上から1日の供給量は、180.0gとなります。

ここでは「カリカリ仕立て」を例に挙げて解説していますが、この計算からソフトタイプやウエットタイプの供給量も算出できます。

  • ふっくら仕立て(ソフトタイプ) 285kcal/100g
  • パウチ(ウェットタイプ) 70kcal/100g

 

ベストバランス・柴犬用 成犬用(生後10か月目頃~7歳頃)

ベストバランス・柴犬用 成犬用のエネルギー量は、約350kcal/100gです。

ここから1日供給量を算出すると、以下のようになります。

 

▼体重別摂取量
【成犬の柴犬の平均体重(オス:911kg、メス:79kg)部分をピンク色にしました】

← スマホの方は左右にスクロールできます →

体重
(㎏)
成犬
(避妊・去勢なし)
成犬
(避妊・去勢済み)
肥満気味の
成犬
減量が必要な
成犬
4 101.8g
(356.4kcal)
90.5g
(316.8kcal)
67.9g
(237.6kcal)
56.6g
(198.0kcal)
5 120.4g
(421.3kcal)
107.0g
(374.5kcal)
80.3g
(280.9kcal)
66.9g
(234.1kcal)
6 138.0g
(483.1kcal)
122.7g
(429.4kcal)
92.2g
(322.1kcal)
76.7g
(268.4kcal)
7 154.9g
(542.2kcal)
137.7g
(482.0kcal)
103.3g
(361.5cal)
86.0g
(301.2kcal)
8 171.3g
(599.4kcal)
152.2g
(532.8kcal)
114.2g
(399.6kcal)
95.1g
(333.0kcal)
9 187.1g
(654.7kcal)
166.3g
(582.0kcal)
124.7g
(436.5kcal)
103.9g
(363.7kcal)
10 202.4g
(708.5kcal)
179.9g
(629.8kcal)
135.0g
(472.3kcal)
112.5g
(393.6kcal)
11 217.4g
(761.0kcal)
193.3g
(676.5kcal)
145.0g
(507.4kcal)
120.8g
(422.8kcal)
12 232.1g
(812.4kcal)
206.3g
(722.1kcal)
154.7g
(541.6kcal)
129.0g
(451.3kcal)

 

 

成犬期の1日の食事の回数は朝と夕方~夜の2回が基本です。

消化器系や体が十分発達して、健康な成犬であれば一度に多少たくさん食べてもきちんと消化できるからです。

 

まーこ
ちなみに、

うんちがかたい場合 ⇒ ドッグフードの量を増やす

うんちがやわらかい場合 ⇒ ドッグフードの量を減らす

で微調整しよう!

 

ベストバランス・柴犬用 7歳以上用(7歳~10歳頃)

ベストバランス・柴犬用 7歳以上用のエネルギー量は、約345kcal/100gです。

ここから1日供給量を算出すると、以下のようになります。

 

▼体重別摂取量
【成犬の柴犬の平均体重(オス:911kg、メス:79kg)部分をピンク色にしました】

← スマホの方は左右にスクロールできます →

体重
(㎏)
成犬
(避妊・去勢なし)
成犬
(避妊・去勢済み)
肥満気味の
成犬
減量が必要な
成犬
4 103.3g
(356.4kcal)
91.8g
(316.8kcal)
68.9g
(237.6kcal)
574g
(198.0kcal)
5 122.1g
(421.3kcal)
108.5g
(374.5kcal)
81.4g
(280.9kcal)
67.8g
(234.1kcal)
6 140.0g
(483.1kcal)
124.5g
(429.4kcal)
93.4g
(322.1kcal)
77.8g
(268.4kcal)
7 157.2g
(542.2kcal)
139.7g
(482.0kcal)
104.8g
(361.5kcal)
87.3g
(301.2kcal)
8 173.7g
(599.4kcal)
154.4g
(532.8kcal)
115.8g
(399.6kcal)
96.5g
(333.0kcal)
9 189.8g
(654.7kcal)
168.7g
(582.0kcal)
126.5g
(436.5kcal)
105.4g
(363.7kcal)
10 205.4g
(708.5kcal)
182.6g
(629.8kcal)
136.9g
(472.3kcal)
114.1g
(393.6kcal)
11 220.6g
(761.0kcal)
196.1g
(676.5kcal)
147.1g
(507.4kcal)
122.6g
(422.8kcal)
12 235.8g
(812.4kcal)
209.3g
(722.1kcal)
157.0g
(541.6kcal)
130.8g
(451.3kcal)

※ここでは成犬の必要量として計算していますが、7歳はシニア犬の仲間入りの時期でもあるので、シニア犬の必要量に合わせて与えても良いでしょう。

 

 

ベストバランス・柴犬用の場合、100g当たりのエネルギー量が7歳以上用と10歳以上用で同じなので(ともに345kcal/100g)、シニア犬で換算した1日の供給量は、ベストバランス・柴犬用 10歳以上用と同じになります。

 

人間でいう中年期、シニアの仲間入りをするこの頃は、代謝が低下して太りやすくなります。そのため、カロリーが低めのシニア用ドッグフードへの変更を検討する時期でもあります。

また、消化機能が衰えてきますので、負担を避けるため1回の量を減らし、回数を1日3~4回に増やしてあげましょう。

 

しょうた(旦那)
人間でも、中年期になるとやたらとメタボを気にするもんね…
まーこ
犬も年を取ったら代謝が悪くなるから、寿命を縮めないためにもメタボに要注意!

少しずつ回数を分けて食べたほうが、消化器の負担が少ないうえに太りにくいからね。

 

ベストバランス・柴犬用 10歳以上用(10歳~)

ベストバランス・柴犬用 10歳以上用のエネルギー量は、約345kcal/100gです。

ここから1日供給量を算出すると、以下のようになります。

▼体重別摂取量
【成犬の柴犬の平均体重(オス:911kg、メス:79kg)部分をピンク色にしました】

体重(㎏) シニア犬(避妊・去勢なし)
4 80.3g(277.2kcal)
5 95.0g(327.7kcal)
6 108.9g(375.7kcal)
7 122.2g(421.7kcal)
8 135.1g(466.2kcal)
9 147.6g(509.2kcal)
10 159.7g(551.1kcal)
11 171.6g(591.9kcal)
12 183.1g(631.9kcal)

 

 

シニア期になると、成犬期や中年期の時よりもさらに消化機能が低下します。
また、嗅覚も衰え、食欲も落ちる傾向にあります。

そのため、一度に食べてしまうと嘔吐したり、消化不良を起こして下痢になったりすることがあります。

シニア期になったら、さらに1回分の量を減らし、回数は1日4~5回に鵜やしてあげましょう。

 

ベストバランス・柴犬用への切り替え方法

他のドッグフードからベストバランスに切り替える場合は、いきなり全部をかえるのではなく、

元々食べていたドッグフード:ベストバランス・柴犬用=9:1 

の割合で徐々に慣れさせて、1~2週間程度で変えるようにしましょう。

 

ベストバランス・柴犬用の最安値はYahooショッピング

ベストバランス・柴犬用をどこで購入するのが一番安くなるのか比較した結果、Yahooショッピングが最安値となりました。

 

▼ネットショッピング 価格比較結果(税込み表記)

  \最安値!!/
Yahoo
ショッピング
Amazon 楽天市場
単品価格
1,800円 2,781円 2,880円
送料 750円 無料 無料
合計金額 2,550円 2,781円 2,880円

※ベストバランス・柴犬用カリカリ仕立て 5.5kgで比較

 

ベストバランスの場合、販売を行っている公式サイトが存在しないので、ネットで購入する場合はECサイトからの購入となります。

ホームセンターやドラッグストアで直接購入するとさらに安く購入できるかもしれません。

 

▼ECサイト価格比較結果

 

 

ベストバランス・柴犬用によくある質問を徹底解説!

べストバランス・柴犬用によくある質問を、犬の管理栄養士&ペットフードアドバイザーの資格を持っている私が、200名以上の柴犬の飼い主様から得た知見と合わせお答えします。

 


ドライフードとウェットフードはどんな違いがあるの?
まーこ
ドライフードの方がウェットフードよりも、
重量当たりのカロリーが高くて効率よく栄養が摂れるのが大きな違いだよ!

ただ、ウェットフードだけだと栄養が偏ることがあるから、ドライフードをメインにするのがおすすめ!

 

▼商品別栄養バランスの比較

← スマホの方は左右にスクロールできます →

  役割 目安 ベストバランス 柴犬用
カリカリ仕立て ふっくら仕立て パウチ
代謝エネルギー ・元気に育つ
・運動機能と
 繁殖能力向上
300kcal/100g
以上
350kcal/100g 285kcal/
100g
70kcal/
100g
たんぱく質 ・臓器、骨の形成
・筋肉の成長
・血液を作る
・体の調子を整える
26%~30% 23.0%以上 18.0%以上 8.5%以上
脂質 ・ビタミンの吸収、貯蔵
・神経を正常に働かせる
10%以上 10.0%以上 6.0%以上 2.0%以上
粗繊維 ・消化を助ける
・便通の改善

・免疫力アップ
4%以下 4.5%以下 4.0%以上 1.0%以上
水分 ・最も重要な栄養素
・香りや、保存の
 しやすさの調整
10.0%以下 30.0%以下 90.0%以上

ドライタイプの「カリカリ仕立て」は、ソフトタイプの「ふっくら仕立て」やウェットタイプの「パウチ」と比較して100g当たりのカロリーが高いです。

 


賞味期限はどれくらいなのかな?
まーこ
未開封の状態なら18ヶ月、開封後は1ヶ月以内に食べきるようにしよう!

 

賞味期限は目安で、保管状況によっても変わってきます。高温や湿気の多いところを避けて、遮光して保存しましょう。

 


成犬用と7歳以上用、10歳以上はなにが違うの?
まーこ
成犬用と比べて、7歳以上や10歳以上はカロリーが少し低いのと、ビタミンA・B群・C・Eが多めに入っているよ。

 

柴犬のような中・小型犬の場合、

  • 7歳≒44歳
  • 10歳≒56歳

に相当します。

加齢により免疫力や代謝が低下していくため、カロリーを抑えビタミン群を強化した内容になっています。

 


1日にどれくらい食べさせたらいいの? やっぱり体重も関係するのよね?
まーこ
もちろん体重は大いに関係あるよ!

体重と、食べさせるドッグフードの種類によって変わってくるんだけど、実は計算の仕方があるの。

必要なドッグフードの量は、体重活動係数(年齢、去勢の有無などと関連した数値)ドッグフードの単位量当たりのカロリーで決まります。

詳しくは、下記を参考にしてみましょう。

計算の手順は以下の通り。

  1. 柴犬の体重を3回かける(体重×体重×体重)
  2. ①で出た数値にルート√を2回かける(√√①)
  3. ②の数値に70をかける(②×70)
  4. ③の数値に活動係数(ライフステージ係数)をかける(③×活動係数)
  5. ④の数値をドッグフードのカロリー数で割って100を掛ける(④/○○kcal×100)

 

▼活動係数(ライフステージ係数)

体重・状態 活動係数
生後4ヶ月まで 3.0
生後4ヶ月~成犬 2.0
成犬(避妊・去勢なし) 1.8
成犬(避妊・去勢済) 1.6
肥満気味の成犬 1.0~1.2
減量が必要な成犬 1.0
シニア犬(避妊・去勢なし) 1.4
まーこ
実際に計算してみよう!
計算の例

成犬 / 体重10kg / 避妊 / 去勢済み / 肥満なし の柴犬への1日当たりの供給量

カリカリ仕立ての摂取カロリー:350kcal/100g

  1. 柴犬の体重を3回かける(体重×体重×体重)
    ⇒10×10×10=1,000

  2. ①で出た数値にルート√を2回かける(√√①)
    ⇒√√10×10×10=5.623…

  3. ②の数値に70をかける(②×70)
    ⇒5.623…..×70=393.63…

  4. ③の数値に活動係数(ライフステージ係数)をかける(③×活動係数)
    ⇒393.63…×1.6=629.82

  5. ④の数値をドッグフードのカロリー数で割って100を掛ける(④/○○kcal×100)
    ⇒629.82/350×100=180.0g

以上から1日の供給量は、180.0gとなります。

関連記事

月齢別の柴犬のドッグフードの量の計算方法はこちら

誰でもすぐに計算できるように、わかりやすくまとめてあります。

>>あなたの柴犬ドッグフードを食べ過ぎかも?犬の管理栄養士が適正量とおすすめのフードを解説

 

ベストバランス・柴犬用がおすすめの飼い主、買うべきではない飼い主

ここまでの情報をまとめ、ベストバランス・柴犬用がおすすめな飼い主と、買うべきではない飼い主を以下の通りです。

 

ベストバランス・柴犬用がおすすめな飼い主

おすすめな人
  • コストを安く抑えたい人
  • 原材料や添加物など、内容にこだわりがない人
  • ECサイトや近所の販売店で気軽に購入したい人

 

ベストバランス・柴犬用を買うべきではない飼い主

買うべきではない人
  • 愛犬の健康を第一と考える人
  • 多少コストがかかっても品質を重視する人
  • 食べ残しやアレルギー・消化器症状などのリスクを極力避けたい人

 

ドッグフード選びは、1日2回食べさせると1年で730回あげることから、柴犬の一生を左右するくらい大切です。
柴犬の健康を維持し、楽しい毎日を送るためのドッグフードは必ず見つかります

関連記事
飛びつくおいしさで健康優良犬に!愛犬の健康管理の悩みから解放してくれる、理想のドッグフードを求めているあなたはこちら

>>【犬の管理栄養士が本気で厳選!】柴犬向けドッグフードランキングBEST3!を見る

 

ベストバランス 柴犬用の基本情報

  基本情報
内容量 【ドライタイプ】
ベストバランス・柴犬 成犬用:1.1kg / 2.7kg / 4kg / 5.5kg
ベストバランス・柴犬 7歳以上用:2.7kg / 4.0kg
ベストバランス・柴犬 10歳以上用:2.7kg / 4.0kg
【ソフトフード】
ベストバランス・柴犬 7歳が近づく頃から始める低脂肪:1.7kg
【ウェットフード】
ベストバランス・柴犬 パウチ:60g
価格(税込み) 【ドライタイプ】
ベストバランス・柴犬 成犬用
・1.1kg:520円
・2.7kg:1,100円
・4kg:1,749円
・5kg:2,024円
ベストバランス・柴犬 7歳以上用
・2.7kg :1,100円
・4.0kg:1,749円
ベストバランス・柴犬 10歳以上用
・2.7kg :1,100円
・4.0kg:1,749円
【ソフトフード】
ベストバランス・柴犬 7歳が近づく頃から始める低脂肪
・1.7kg:1,028円
【ウェットフード】
ベストバランス・柴犬 パウチ
・60g:101円(税込)
販売会社 ユニ・チャーム株式会社
公式サイト ユニ・チャーム ベストバランスブランドサイト

  • 【新常識】「ま、安いドッグフードで妥協しとこ」にサヨナラ!

ドッグフードって、未開封であればなんと定価の8割以上で売れることも!
「高いドッグフードってまとめ買いすると安くなるけど…失敗したらお金もったいないし、安いので妥協しよ!」
そんな愛犬が"通院予備軍"に陥いってしまうような、優しくない妥協から解放される意外な真実。
これさえ知ってれば、見た目は価格が高くても、愛犬が病気にかかる不安から解放されます。そして、本当の意味で高コスパドッグフードを迷いなく選べ、愛犬と楽しく過ごせる毎日へ一直線です

>>【ペットフードアドバイザー直伝!】
高コスパドッグフード購入術 & 余ったドッグフードの高値売却術!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です